下見板天井のある家 札幌市Tさま

Tさま邸の特徴

札幌市Tさまのお宅は、将来を見据え、1階を中心としたライフスタイルプランを軸に、隣接住宅との景観バランスや、日照に配慮した2階ボリュームで構成されています。家族が集うリビングには下見板張り天井を採用。木の温もりあふれる空間は光の陰影によって刻々と表情を変え、時や季節の移ろいを感じることができます。札幌版次世代住宅基準のトップランナーを取得した高性能住宅です。

設計/株式会社ホリゾンアーキテクツ一級建築士事務所

大きな庇や窓のレイアウトの工夫によって、日照や熱のロス、換気、プライバシー確保、景観の問題が一気に解消。個性的なデザインと優れた性能の両方を叶えています。

Tさまは、ご両親の実家近くにあるマンションに住んでいましたが、お子様が生まれたこともあり、実家の隣に自宅新築を決意。建てる以上は、満足できるものにと、プランも性能もこだわりました。

天然木をふんだんに使ったLDK。リビングにある大きなテラス窓のおかげで室内はとても明るくなっています。テラス窓には「YKK APW430 大開口スライディング」を使用。トリプルガラス入りなので窓際に寄ってもヒンヤリしません。天井は下見板天井といって、羽目板のような仕上がり。今回初めてやりましたが、ダウンライトの光が板に柔らかく反射し、とても良い雰囲気です。

ダイニングには、L字型の大きなカウンターを造作し、廊下に目隠し代わりになる柱を並べて家事室やワークスペースとして使えるようにしました。在宅ワークが多くなってきた昨今では、こうした間取りに人気が出てきそうです。

キッチンにある木目の美しいカップボードは当別町の家具工房「旅する木」でTさまがフルオーダーされたこだわりの品です。クリの木(chestnut)を使った端正な木肌は見ているだけでも惚れ惚れしてしまいそう。抹茶色のアクセント壁がその魅力をさらに引き立てています。

対面式のキッチンにはタイルをあしらったラックも造作しました。向こう側はさきほどのワークスペースになっています。

リビングに隣接した小上がり風の和室は、引き出し収納付き。小上がりは組み立て式なので、将来的に取り外してバリアフリーにすることも可能です。

畳を取り外すと、掘りごたつ風の書斎スペースにも早変わり。遊び心のあるカラクリのような仕掛けが楽しい造りです。

Tさま邸は札幌版次世代住宅基準のトップランナーを取得しています。国が定めた断熱基準の2.5倍も高断熱で、国内の住宅としては最高レベルの性能です。当社ではこのような超高性能住宅を毎年建てています。